伊勢から繋がって広がる 自然派マガジン

simme JOURNAL -arigato!-

伊勢市・神宝農産さん。生でも食べられる!安心のほうれん草

更新日:

無農薬・無化学肥料にこだわった生でも食べられるほうれん草

伊勢市小俣町にある『神宝農産』さんは、無農薬・無化学肥料にとことんこだわった野菜を作られている農家さん。

「カフェsimmeのお料理でも、ほうれん草を日々使わせていただいています。

店内にて撮影。キラキラしていて、生き生きしているのがわかるでしょうか!

このほうれん草、生でも食べられて(!)、苦みやえぐみがありません。

なので、サラダにそのまま入れて食べたり、スムージーにしたりと、とても使いやすいほうれん草なのです。

しかも、安全安心でおいしい!

とことんこだわったほうれん草の直売「良心市」が始まりました

神宝農産さんは、2018年12月から、野菜(主にほうれん草)の生産直売を始められました。

パンフレットには、ほうれんそうを持つお寺の住職さんの似顔絵。

場所は、大仏山霊園のすぐそば。

地図どおりに車を走らせたら、看板が出ていてわかりやすいです。

野菜は店頭販売をされていて、日によっては無人販売のときもあるそうです。

ほうれん草は、農薬も化学肥料も使っておらず、冷蔵庫で1カ月置いてもこのままの状態を保てるそうです。

すごい。

「子どもたちに食べてほしい…。野菜嫌い解消」

本当にそう思います!

子どもはとても敏感なので、普段は野菜を食べないのに、自然栽培された野菜だと自分からパクパク食べて、お母さんがびっくり!なんてことがよくあります。

たくさんの人が野菜好きになってくれたら嬉しいなと思います。

この日はさつまいもや、住職オススメのきゅうりなども販売されていました。

ハウスを見学。健康そうな土の良い香り!

ハウスを見学させていただきました。

調理場で毎日使わせてもらっているお野菜が育つ場所。

なんだか、胸がじーんと温かくなります。

やはり、キラキラ生き生きしています。

まろやかで優しい、なのに力強くて温かい、とても元気そうな土の香りに包まれました。

力は太陽の力!
水は井戸の水!

アブラ虫が出ても手で取って、

ウドン粉病が出ても手で洗って、

農薬は一切使わない。

超光熱菌・光合成菌・根りゅう菌etc.

微生物の力で土づくり、改良を!
地温を冬でも20度以上に…。

土を何度も何度も耕して、手間を掛けて丁寧に大切に育てているんだそうです。

手間がかかりすぎるために他ではなかなかできない特殊な方法だとか。

土にこだわっているから、土のいい香りがするんですね、きっと。

収穫直後のほうれん草

明日、このほうれん草がsimmeに届き、「ベジ定食」のサラダなどに入ります!

みなさんにおいしく食べてもらえたら嬉しいなあ。

神宝農産さん、いつもありがとうございます。

優しい手作りのスパイスカレー「kisan curry(キサンカレー)」さん

この日(2018年12月6日)は神宝農産さんの「3周年感謝イベント」の日で、野菜の販売の他にも、ネパールチキンカレーの販売もありました。

ネパール人のキサンさんによる移動販売『kisan curry』さん。

ネパールではナンは主流ではなく、お米でカレーを食べるのが主流なんだそう。

ご飯にカレールウ、豆のおせんべい(パパド)、豆のスープ(ダル)を全て混ぜて食べるんだよ!と、楽しくわかりやすく教えてくださいました。

ネパールの家庭で食べられている味を再現されているそうで、スパイスが効いているのに優しい味。

チキンがゴロゴロと入っています。

そしておせんべいを割って混ぜたり、スープも混ぜたりすると、さらに変化が。

食べ終わった後にまた食べたいと思う、恋しくなる美味しさでした。

通常は、毎週金曜10:00〜15:30に、明野駅前で移動販売をされているそうです。シマシマの車が目印です。

伊勢でネパールの空気に触れることができるなんて、うれしい出逢いですね。
お二人にネパールのことを教えてもらいながらの楽しい時間でした。

こちらも読まれています

-生産者さんを訪ねる旅
-, , , , , , , , , ,

Copyright© simme JOURNAL -arigato!- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.